Shopping Cart
ほしい物リスト
Account

Corporate Information

Dondupは国際的なプライベートエクイティファンド、 Lキャタルトンが91%の株式を保有するファッション企業です。2000年に設立されたDondupは、常にコンテンポラリーファッションの今までにない新たなビジョンを特徴としてきました。Lキャピタル(Lキャタルトンの前身)による投資が決定した2010年から、私たちは創造性、マーケットに対する感度、革新的な視点を融合した戦略のもと、世界市場のメインストリームへの参入を目指して事業の拡大を行っています。

当社の発展を導くのは、社長兼株主であるマッテオ・マルゾット(Matteo Marzotto)とCEOのマルコ・カソーニ(Matteo Anchisi)から成るファッション志向のチームです。2人は卓越したイタリア製品を生み出すDondupを、メンズやウィメンズのコレクションを発表するグローバルな企業へと変身させました。Dondupの最新のプロジェクトでは、Gimelグループのライセンスのもとでキッズウェアも手がけています。イタリアのものづくりの技とコンテンポラリーな視点を一体化したコスモポリタンなプロジェクトの中に、伝統と革新とが組み合わされています。Dondupが提案するライフスタイルを形作っているのは、その社風とクリエイティブな情熱です。それは、細かなディテールにも配慮して最高を目指す、すべてのコレクションの中に息づいています。

Lキャタルトンからの投資を受け、Dondupは世界への展開を目指す新たな事業計画を開始しました。それは、社の再定義による全体構造、カソーニ、マルゾット両氏の就任によって始まった経営構造を含んでいます。

第1段階はビジネスモデルと戦略的ビジョンの変革に関係するもので、グローバルな発展に不可欠な社内のスキルに着目し、スタイル、流通、コミュニケーションの分野に特に焦点を合わせました。この変革によって、社内組織の再編成およびイタリア国内での流通システムの変更を行い、ミラノとローマの2カ所にショールームを設立し、海外では個々のマーケットの特性に合わせた特別な物流ソリューションを築きました。
第2段階の始まりとなったのはスタイル部門の進化です。これは、モダニティという新たな要素の導入に集中し、さらに社内のスタジオと、世界的に知られるクリエイティブかつ才能豊かな人々との緊密なコラボレーションを土台としています。これらの人々は、商品のラインナップとブランドイメージをよりモダンで世界的な方向へ導くことを目的とする「貢献者」です。

当社の将来像は、順調に発展を続ける創造的プロジェクトを支援し、コンテンポラリーファッションの新しいスタンダードを作り上げるという、新たな事業計画として示されています。